Entries

      

募集要項

第三回 秋田アート・クラフト市
10月4日一部情報修正しました(青文字部分)
10月16日更新部分追加しました
募集用紙はこの記事の下の部分にリンクがあります

最終てこ入れポスター400

全国で開かれる、作家と使い手の交流の場のクラフトフェアをぜひ秋田でも!
という思いから第二回秋田アートクラフト市を開催します。
作家には発表の場を。来場者には全国の作家の作り出す生活を潤す作品を手に持ってもらいたい。
そこから作り出す互いの刺激と交流の場へ。
昨年度は二度目の開催でしたが、およそ2000人の来場者でした
「モノから作り出される豊かな暮らし」を実感してもらい、
また秋田の活性化に少しでも貢献できるよう、当フェアが有意義なものになるようよろしくお願いします。

開催日:   2018年3月3日(土)、4日(日)
開催時間:  両日10:00~16:00
開催場所:  秋田市魁新報社内「さきがけホール」(秋田市山王臨海町1-1)


出展料:  
・大ブース(3m×2m)¥7500、小ブース(2m×1.5m)¥6500
・机をご利用の場合プラス¥500、机先着15台(机のサイズは180cm×60cmです) 、椅子は付きます
・駐車無料
・募集区画 大ブース約30 小ブース約35
・注文のお弁当をご希望の場合一個¥500となります


応募要項 
・全国の工芸や作品を御自分で制作販売しているプロあるいはそれに準ずる方。


応募方法 
・別途申込用紙に必要事項を記入して応募期間内に下記の郵送先まで郵送お願いします。
・お申し込みの際、郵送にて作品の写真を必ず3枚添付お願いします
(写真の裏に屋号と名前の記入をお願いします)
・添付頂いた写真は当イベントの広報等で使用することも御座います、予めご了承下さい。
・応募者多数の場合は選考になります、予めご了承下さい。
・選考結果は12月中頃までに必要書類、チラシ等と一緒に郵送します。
・振込み後のキャンセルは受付致しかねますのでご了承下さい。


注意事項 
・車でお越しになる方は冬場につき道路状態が非常に悪い可能性がございますので、スタッドレスタイヤを装着お願い致します。
・委託販売は全面禁止となります(例:身近な人の製作物を自分のブースで販売する)
・手作りではない素材(例:端切れ、余りの木材等)の販売は禁止です。
(手染め糸、手作りボタン等の自分で手を加えた素材の販売は可能です)
・ワークショップも可能です、最新版の申込書のほうにご記入ください。

・区画の割り当ては運営のほうで決めさせて頂きます


応募期間11月1日(水)~12月10日(日)必着


エクセル、ワード版及び画像データも最新版に更新完了しました

↓募集用紙はこちらになります
※画像データはクリックで拡大できます
第三回秋田アート・クラフト市申込書(画像版)
第三回秋田アート・クラフト市募集要項(画像版)

第三回秋田アート・クラフト市申込書(エクセル版)
第三回秋田アート・クラフト市募集要項(ワード版)


こんにちは。みなさまに、詳細のお手紙をお送りしました。まだ届いていないという方がおりましたらぜひ、こちらにお知らせくださいませ。E-mail iiwaiiwa1983@yahoo.co.jpさて、秋田アートクラフト市では後援を各社に頼みました。ちょっと見ずらいですが・・・秋田県秋田市秋田魁新報社NHK秋田放送局ABS秋田放送AKT秋田テレビAAB秋田朝日放送エフエム秋田各社から後援をいただいております。これらのポスター、チラシを後日お送り...

書類をお送りしました。

沢山の写真を見て、スタッフもあまりのレベルの高さに驚いていました(^^)沢山の写真をありがとうございました!5枚添付としておりましたが、撮るほうも大変だったと思います。どうしても2枚だけでは判断しかねなかったので5枚という形になりました。皆様のご苦労を損ねないよう、こちらも全力で頑張ります!さて、先日ご応募の方に書類をお送りしました。1月中には、規約、ポスター、チラシ、駐車券などまとめてお送りします。...

募集を締め切りました

12月10日で締め切りました。沢山のご応募ありがとうございます。これから選考にはいりますが、もう少々報告はお待ちください。12月中旬以降に結果をお送りします。いろんなジャンルの作家様からお送りくださって驚いております!皆様が快適に出展できるようこちらも尽力します。よろしくお願いします(^^)...

県外から集まっております。締め切りは10日。

うれしいことに沢山の県外の方から、応募がきております。3月の秋田といえば、もう雪は降らないかな=というところです。遠方の方であれば、海沿い(日本海側)を走ってくると雪はないでしょう。秋田アートクラフト市・・・このアートにひっかかるという方が多く、クラフトに出たことのない方は敷居が高いと思われるようです。確かに職人気質の方が多いですが、最近ではクラフトといえど、いろんな素材からできた作品が多くなって...